×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アニマルコミュニケーション 講座

Image Replacement
スポンサードリンク

自宅で出来るアニマル・コミュニケーションのやり方も紹介

永遠の贈り物―アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと




内容(「BOOK」データベースより)
動物と話ができる世界的なアニマル・コミュニケーターが書きました。
生きる意味、死んだその先のこと、動物とあなたの出会いの必然など、
動物の言葉とは思えない、気づきに溢れる内容です。
自宅で出来るアニマル・コミュニケーションのやり方も紹介。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マッコール,ローレン
アニマル・コミュニケーター。
米国オレゴン州ポートランド在住。アニマル・コミュニケーションとテリントンTタッチ(準指導員)を教えるために、
アメリカ、ヨーロッパ、日本など世界各国を飛び回る。
日本では、毎月のようにアニマル・コミュニケーションの個人セッションやセミナーを開催し人気を博す。
レイキの有資格者。
アニマル・コミュニケーションを家庭で学ぶためCD‐R『Animal Communication;Making the Connection』も製作

おくだ ひろこ
おくだ動物病院獣医師。
犬、猫、エキゾチックペットの一般診療に加えて、
患者の自然治癒力を高めるため、鍼灸、レーザー照射治療、
Tタッチ、漢方、ホメオパシー、バッチフラワーレメディなどのホリスティック医療に積極的に取り組む。
また行動問題のカウンセリングや治療も行う。
日本伝統獣医学会理事、日本ホメオパシー医学会会員、
Tタッチプラクティショナー、JAHA認定家庭犬しつけインストラクター、優良家庭犬普及協会理事
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


動物語通訳体験記

ペットのことばが聞こえますか―動物語通訳体験記




内容(「BOOK」データベースより)
かわいいペットは何を考えているか?動物たちがアニマル・コミュニケーターを通し、
飼い主へのあふれる思いを語ります。
純粋で無邪気だけれど、思いもよらない彼らの言葉に、あなたは衝撃を受け、涙と感動に包まれるでしょう。

内容(「MARC」データベースより)
かわいいペットは何を考えているか?
動物たちがアニマル・コミュニケーターを通し、飼い主へのあふれる思いを語る。
ペットの真価を正しく理解できるよう、豊かで深い動物の内的世界を明かす実話の数々。

ペットがあなたとの対話を望んでいるとしたら…

アニマル・コミュニケーター


アニマル・コミュニケーター

Amazon.co.jpより引用

出版社/著者からの内容紹介
あなたの飼っているペットも人間同様豊かな感情を持ち、あなたとの対話を望んでいるとしたら......。
本書は、動物とテレパシーで会話を交わす"アニマル・コミュニケーター"として
アメリカで活躍するリディア・ヒービーが、その15年に渡る体験をもとに綴った驚異の報告です。
動物と話ができるなんて、すぐには信じられないでしょう。
しかし本書では、信じるに足る数々の事例が挙げられています。
子猫を案じる難産の母猫、殺人事件の悲鳴を聞いたために引きこもりになってしまった犬、
飼い主が亡くなって悲しみに暮れる馬、迷子になったペット探し......。
犬や猫だけでなく、蛇、オウム、イルカなど、様々な動物のエピソードが語られます。
加えて、どうすれば動物と会話が交わせるようになるのか、そのエクササイズも紹介されています。
動物好きの方なら、一度読み出したら止まらないことでしょう。
本書に登場する著者が会話を交わした動物たち...

●生んだばかりの子猫を心配する難産の猫
●飼い主が亡くなった悲しみと不安で自暴自棄になった馬
●殺人事件の悲鳴を聞いたトラウマで引きこもり状態になった犬
●赤ちゃんの異変を飼い主に知らせた猫
●人の下着をかじることで歓迎の意を表す山猫
●自分を革の服を着た背の高い男と思っているボア(蛇)
●動物のシャーマンともいうべき知恵深い魂を持ったイグアナ
●生活の変化とホームシックに悩むオウム
●体の傷ついたところへ癒しの音波を送るイルカ
●家出を冒険として楽しむ猫
...など


内容(「BOOK」データベースより)
動物と会話を交わす“アニマル・コミュニケーター”としてアメリカで活躍する著者の15年に渡る驚きと感動の体験。
犬や猫、馬はもちろん、イルカや鳥、爬虫類とまで交わした会話の実例を心温まる楽しいエピソードとともに紹介。

江原啓之さんの本

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー



ペットと人との関わりを、スピリチュアルカウンセラーである江原啓之さんならではの視点で書かれた1冊。
ペットと暮らす意味、それぞれの役割、動物の死後の世界、供養の仕方など、ひとつのたましいとしての接し方が興味深く書かれています。
スピリチュアルに興味がない人でも、単に“ペットと暮らす際の心構え”のつもりで読める、とても参考になる本です。


内容(「BOOK」データベースより)
あなたの思い、言葉、行動。そのすべてをわかっている動物たち。
あなたは、普段どんな心で、彼らに向き合っていますか?
運命の出会いから幸せな別れまで。
あなたとペットの永遠の絆を育てるためのはじめてのスピリチュアル・ブック。
巻末付録・インスピレーション訓練カード付き。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク